スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
永遠。
カテゴリ: 村山由佳 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第百十二回
村山由佳の『永遠。』

僕は水族館で、今日短大を卒業する幼馴染の弥生を待っていた。
弥生は実の父が勤めている短大に通い、彼の講義を受けた。
「お父さん」と一度も告げることもなく。

表紙に惹かれて買った。
やったら薄い本、しかも一ページの文字の量が少ないと思ったら、映画『卒業』のサイドストーリーらしい。
一応この作品だけでも楽しめると後書きにもあったが、私はやはり物足りなかった。
やはり肝心の父娘の絡みが説明だけでは今一つに感じた。
かといって『卒業』を見てみようと思う訳でもなく……。
村山由佳は嫌いではないんだけど。
正直に言えば、ちょっと微妙かな、と。


評価:D


永遠。 (講談社文庫)永遠。 (講談社文庫)
(2006/10/13)
村山 由佳

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2011.04.01 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。