スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
クレィドゥ・ザ・スカイ
カテゴリ: 森博嗣 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第九十二回
森博嗣の『クレィドゥ・ザ・スカイ』

『スカイ・クロラ』シリーズ第五弾
今作の語り手「僕」が誰かははっきりと明言されていない。
その点が今までと違うところだ。
ひどい不時着をした後に病院から抜け出し、フーコを頼ったことから、クリタ・ジンロウではないかと最初読者は思うであろうが、次第にどうも違和感が出てくる。
そしてそれは終盤の杣中の言葉で決定的なものとなる。
杣中は「僕」のことを草薙水素のようだと言い、カンナミと呼んだ。
結局「僕」は何者だったのか。
その考察はまた後で。

フーコと別れた「僕」は今度は相良を頼る。
会社から追われている「僕」には他に頼れる人がいなかったからだ。
相良は入院中の「僕」を訪ねてきて、その際に連絡先を渡していた。
また、謎の注射を「僕」にしている。
そして「僕」は相良の元へ向かう際に草薙水素に殺される幻覚を見る。
その後も草薙水素の幻覚を頻繁にみる。

薬の影響か記憶力が非常に乏しくなっており、それは物語の進行とともにひどくなっていく。
まず自分が誰なのか分からない時点で相当だ。

「僕」はしばらく相良の家でかくまわれることになる。
杣中が相良の家を訪ねてきて、草薙水素が先の大きな戦闘で墜ちたという話があること、クリタが病院から抜け出し、娼婦と逃げ、草薙水素に射殺されたという情報をもたらす。
つまり水素が墜ちたというのは嘘だということだろう。
この辺がややこしい。

しばらくするとアシがつき、相良の飛行機で脱出することになった。
そして相良の仲間の元に行くこととなる。
彼らは一種の反政府組織のようなものだろうか。
そんな感じがした。
そこには散香があり、「僕」は後にそれに乗って追手と戦うことになる。
そして追手を全機墜とした。
しかし地上は制圧されており、情報部の甲斐にともに戻るように言われる。
それから一人立て籠る相良を説得しに行く。
だが、相良は死を選び、「僕」に殺されることを望んだ。
そしてその前に「僕」が病院で売った注射でキルドレに戻ったと告げる。
「僕」は相良を撃ち、パイロットへと戻った。

パイロットへ戻った「僕」の前に杣中が現れる。
非武装地帯で起こった戦闘で四機を落としたのは草薙水素だと断言し、今他の基地の指揮官になっている草薙水素は偽物だと言い「僕」のことを草薙水素に似ていると言い、カンナミと呼んだ。

さて、結局「僕」はいったい誰なのか。
杣中のいうことが本当なら「僕」=草薙水素=カンナミ・ユーヒチということになる。
エピローグだけ「僕」の中身が違うということはあるだろうか。
その可能性も否定できないが、それは少しアンフェアな気がする。
私の考えとしては「僕」=草薙水素=カンナミ・ユーヒチだ。
矛盾点も多いのだが、ティーチャの名前に執着を示したり、「ブーメラン、跳んでいるか?」という声を懐かしく感じていること。
また甲斐に執着されていること。
そして何より「僕」がキルドレに「戻った」ということだ。
「戻った」ということは今までキルドレではなかったということ。
キルドレでなくなった人物は草薙水素だけだったはずだ。
ここが一番の決め手だろうか。
ということは相良の家で杣中が言っていた直接会ったという草薙水素は既に偽物だったと推測するしかない。
最大の矛盾は『ダウン・ツ・ヘヴン』で水素が会ったカンナミは何だったのかということだ。
それについては水素が見た幻覚だったのではと推測される。
強引な点も多いがこれで全ての矛盾点を解決できるのではないか。
なぜフーコを頼ったのかという疑問もあるが、フーコと親交がなかったという描写はなかったように思う。
あったという描写もなかったと思うが。
まあ、そう言う訳で草薙水素はカンナミとなって『スカイ・クロラ』へ続く訳だ。
と思う。

シリーズで一番面白かった。
やはり謎があった方が面白い。
『スカイ・クロラ』シリーズはこれで完結だろうか。
あとは短編集があるようだ。
今作の謎の手掛かりとなるものだろうか。
楽しみだ。


評価:A


クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)
(2008/04)
森 博嗣

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2011.01.15 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
フラッタ・リンツ・ライフ
カテゴリ: 森博嗣 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第九十一回
森博嗣の『フラッタ・リンツ・ライフ』

『スカイ・クロラ』シリーズ第四弾。
今作の語り手「僕」は、クリタ・ジンロウ。
少々記憶力が乏しいようだ。
また土岐野が再登場した。
時系列で言えば『スカイ・クロラ』の少し前か。
ちなみに草薙水素は小隊長になっている。

序盤は例によって淡々としている。
しかしそのうちにこの世界のこと、というよりもキルドレについても少しわかってくる。
ある種の薬によって誕生したこと、そして、普通の人間との間で妊娠したらキルドレではなくなること。
つまりキルドレでなくなるのは女のキルドレに限られる。
そしてその最初で現在唯一の例が草薙水素である。
クリタはそのことを相良という研究者から知る。
水素本人からもそのことを聞いたクリタは、水素を殺すために現れた相良に撃たれる。

病院から療養施設へ移ったクリタだが、大規模な作戦のため再び空を飛ぶこととなる。
そこでクリタはティーチャと交戦、追いつめられるがギリギリのところで命拾いをする。
しかしほぼ墜落に近い不時着をしたクリタは重傷を負い入院することとなる。
ここで今作は幕だ。

クリタは水素に撃たれて死んだということになっていたはずだが、そのあたりはどうなっているのだろうか。
「ということになっている」だけでその場面が描写された訳ではない。
水素が嘘をついていた可能性もある。
あるいは語られていないだけど本当にこの後水素によって撃たれたか。
いや、それはなさそうな気がする。
そこら辺をはっきりさせてくれないもやもやもこのシリーズの魅力ではある。
次作も読み終わっている。
あとは短編集か。


評価:B+


フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)
(2007/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2011.01.14 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ダウン・ツ・ヘヴン
カテゴリ: 森博嗣 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第九十回
森博嗣の『ダウン・ツ・ヘヴン』

『スカイ・クロラ』シリーズ第三弾
前作『ナ・バ・テア』に引き続き、草薙水素の過去編となる。
時系列では前作の続きだ。

戦闘中に負傷した水素は病院で空を飛べない退屈な日々を過ごす。
そしてそこでカンナミと出会う。
今作の見どころは、このカンナミとの邂逅とティーチャとの再会に尽きるだろう。
特にティーチャと敵として再開するくだりはわくわくした。

両者の一対一の戦いのシーンも面白い。
しかしとある理由でどちらも墜ちることなく戦闘は終了する。
これもまた会社の都合か。
どちらの会社もエースを失うことを望んではいなかったのだろう。

作を重ねるごとに面白くなってくる。
シリーズ物は大体第一作が一番面白いことが多いものだが。


評価:B+


ダウン・ツ・ヘヴン (中公文庫)ダウン・ツ・ヘヴン (中公文庫)
(2006/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

Edit / 2011.01.08 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ナ・バ・テア
カテゴリ: 森博嗣 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第八十九回
森博嗣の『ナ・バ・テア』

新年一発目の更新だが、特に何もない。
淡々と行きます。

『スカイ・クロラ』の続編。
『スカイ・クロラ』の過去を描いている。
主役は前作の最後で死んだ(キルドレに死はないらしいが)草薙水素
最初はひっかけで、草薙水素の物語ではなく水素の娘が主人公なんじゃないかと邪推したが、見当はずれもいいところだった。
名前が明かされるのも遅かったし。
森博嗣ならそのくらいやるかなと思ったのだが。

前作より面白く感じた。
それはやはりティーチャの存在が大きいだろう。
キルドレではない普通の大人でありながら、エースパイロットである男。
寡黙で人付き合いを好まない、そんな人間だ。
しかし、物語の中でずば抜けた存在感を発揮していた。

水素が後に指揮官になる経緯も描かれている。
会社の都合という奴だ。

相変わらず世界は基地と空と時々の町しかないが、ティーチャの存在で世界が広がったような、そんな気さえする。

そう言えば栗田という人物が登場したが、『スカイ・クロラ』で名前だけ登場したクリタ・ジンロウと同一人物だろうか。
普通に考えればそうだろう。
となるとカンナミがクリタと同一人物だとか言われてたあれは真っ赤な嘘ということになる。
多分そうなのだろう。

読んだのが結構前なのであまり感想が出てこない。
ただ、まあ面白かった。


評価:B


ナ・バ・テア (中公文庫)ナ・バ・テア (中公文庫)
(2005/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

Edit / 2011.01.03 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
スカイ・クロラ
カテゴリ: 森博嗣 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

たぶん、死ぬときは、何かに包まれていたかったのだ。
生まれたときのように。
そんな死に方が僕の憧れだから


第八十八回。
森博嗣の『スカイ・クロラ』

戦争がビジネスとして行われる世界で生み出された永遠に生きる大人にならない子供<キルドレ>

良く言えば森博嗣らしい、悪く言えば独特でよくわからない小説だった。
渾身の一作らしいが、S&Mシリーズの方が私は好きだ。

戦闘シーンはそれなりに迫力があって、面白かった。
それ以外のシーンは基本淡々と進む。
主人公視点で本当に淡々としている。

戦闘機乗りは全員子供とのことだが、土岐野も子供なのだろうか。
とてもそうは思えないのだが。

草薙水素はなんだか情緒不安定で(三ツ矢碧よりはましだが)いいキャラだったので最後はちょっと衝撃だった。



評価:C+



スカイ・クロラ (中公文庫)スカイ・クロラ (中公文庫)
(2004/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2010.11.21 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。