スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
神様家族Z
カテゴリ: 桑島由一 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第百六十三回
桑島由一の『神様家族Z』

神山佐間太郎は神様となった。
しかしまだ仮免である。
大天使となったテンコとともに主に世田谷周辺で活動中である。
未熟な二人の助けとなるために現れたアンジェラも加わり、菊本高校に潜入することとなる。

『神様家族』の続編である。
ノリは相変わらず軽く、バカバカしい。
特にヒロインのテンコの頭のネジが2、3本とんでいるので、基本的に明るく軽いノリで進む。
良くも悪くも読んだ後何も残らない作品なので、神様家族のラストがどんな内容だったのかあまり覚えていないのだが、特に問題はなかった。
でも確かテンコはもっと常識人ポジションだったような。
佐間太郎は逆に成長している感がある。

何も考えずに読めて、あー、面白かったと思える本である。
続きそうな雰囲気だったが、この続きはあるのだろうか。


評価:B


神様家族Z―仮免天国 (MF文庫J)神様家族Z―仮免天国 (MF文庫J)
(2008/01)
桑島 由一

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2012.04.21 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
神様家族 1~8
カテゴリ: 桑島由一 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第六十六回
桑島由一の『神様家族』

いわゆるライトノベル、という奴だ。
普段はほとんど読まないのだが、友人のすすめと、以前にアニメを少し見たことがあったことから読んでみることにした。
するとこれが面白い。
すべてのライトノベルがこうなのかは知らないが、軽妙なテンポで話が進んでいく。
その軽妙さが心地いい。

内容としては、神様の息子で、次期神様の修行のため人間として生活をしている神山佐間太郎と、お目付け役の天使のテンコを中心に繰り広げられる、ドタバタラブコメディーといったところか。

とにかく軽い。敵となる悪魔たちが現れるまで基本的に全員まじめに行動しない。
悪魔が現れてもまだふざけていることも多い。
元悪魔の久美子も最初はまともだったのだが、だんだん神山家に染まっていく。
で、この久美子がいじらしい。
どうしても振られた方に感情移入してしまうんだよな~、私は。
あと、進一と愛のカップルも好き。

最終巻の八巻が、過去の話なので、ストーリー自体は七巻で終わっている。
あの後どうなるのか非常に気になるところだ。
と、思っていたら続巻があるらしい。
『神様家族Z』
スーパー佐間太郎でも出てくるのだろうか。

あ、アニメは最終回の演出がよかったな~。

軽さと悪ふざけを極めたらこんなんできました、みたいな作品だ。
でも、しっかりほろりともさせてくれる。
結構楽しめた。
矛盾とか突込みどころも多いが、その辺は勢いで何とかしてる(笑)
そんな作品だ。



評価:B+




神様家族 (MF文庫J)神様家族 (MF文庫J)
(2003/06)
桑島 由一

商品詳細を見る

神様家族〈8〉おはよう!こどもショー (MF文庫J)神様家族〈8〉おはよう!こどもショー (MF文庫J)
(2006/04)
桑島 由一

商品詳細を見る
Edit / 2010.03.31 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。