スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
君に届け 14
カテゴリ: 椎名軽穂 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

……心臓……はれつする?


漫画感想第十九回
椎名軽穂の『君に届け』第14巻

修学旅行編である。
本筋も進めつつ、脇のキャラクターたちにもスポットが当たっていた巻だった。
特に脇の方は結構いろいろ進展やなんやかんやがあってよかった。

さて、まずは本筋の方だが、少女漫画、というか恋愛を扱った漫画において(特に学生ならなおさら)キスというのは、告白の次に来る山場だろう。
爽子と風早はまだこのイベントを済ませていないのだが、この巻においてついに……?

……目
つぶって


mini_CIMG1764.jpg
この二人して目をぎゅーっとつぶってる感じ!
初々しい!
たまらん!!
しかし二人の初キスは、やのちんがたまたま通りかかったことで未遂に終わる。
珍しく空気を読まないやのちんである。

そしてそのやのちんだが……切ない。
前巻でぽっと出野の茂木に告白されて付き合うことになった訳なのだがキスをしても、二人で会ったりしてもどうもしっくりこないご様子のやのちん。
そして茂木は茂木で、真面目ぶったツラして一発かましたかっただけのようで、しかもそれがやのちんにばれ、二人は早々と別れることになる。
まあ男子高校生なんだし、風早より健康的といえば健康的ではある。
本人に聞かれたのは馬鹿だが。

普段のやのちんなら、くだらない男に引っかかったなー、くらいで終わるのだろうが、今回は少し違ったようである。
爽子やちづの恋する姿、爽子が風早に愛されてる様子を見て、自分もそうなれたらと思っていたやのちん。
ピンやケントに今まで好きになった人はいるかと聞き、いると答えられ、落ち込んでみたりする。
特にケントに聞いたときは、別れた直後だったこともあり、涙を流しながら心情を少しだけ吐露する。

自分からすきになったことない
「すきだから」つきあったことなんてない


mini_CIMG1765.jpg

あんなに一生懸命告白したりされたりしてるのを見てたら
あたしも
なんだがあたしもそうなんじゃないかって
もしかしたらあんなふうに一生懸命告白してくれたんじゃないかって
もしかして大好きになるんじゃないかって
そう思ったのよ

そして強がるやのちんをケントは何も言わず優しく抱きしめる。
いい男すぎるだろ。

最後に龍とちづだが、龍が違うクラスの女子に告白されたと知り、もやもやするちづ。
そのことを龍が話してくれなかったこと、龍に好きな人がいることも知らなかったことがご不満な様子……って、あれ?
龍一回告ってなかったか?
すきだよって。
そしたらちづは知ってるって。
あれはつまり「幼馴染」としてのすきだとちづは思ってたってことか?
あきれるほど鈍い。

しかし、自由行動の際、ジョーがどこかに消えた時に龍が今度こそかました。

…うれしかったんだよ
千鶴が
ちょっとでも俺のすきな奴を気にしてんのが
……うれしかったんだよ


mini_CIMG1766.jpg
龍が攻めきった。
しかし千鶴の反応は、龍をそんなふうに見たことはないとのこと。
いやいや嘘を吐け。
あのリアクションはもう完全好きじゃん龍のこと。

ともあれ、爽子、やのちん、ちづの三人にそれぞれ動きがあったこの巻は面白かった。
いやまあこの巻も、か。

それぞれの
新しい季節がきます

しかし続きが気になる。
早く読みたい。


評価:AAA


君に届け 14 (マーガレットコミックス)君に届け 14 (マーガレットコミックス)
(2011/09/13)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2011.10.01 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
君に届け 13
カテゴリ: 椎名軽穂 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

…うん
ちょっと……
肩貸してよ


漫画感想第十八回
椎名軽穂の『君に届け』第13巻

また例によって顔が緩んでしょうがない。
人前では読めない漫画だ。

夏休みの補習、講習の後、海へと出かけた一行。
爽子も自己主張するようになってきたな~。
いいことだ。
そしてケントが切なくてやのちんがいい女だ。
mini_CIMG1746.jpg
初登場時はウザいとか思ってごめんよ。
何だよ、いい男じゃないか。
風早の方がよっぽどウザいよ。
でもこの巻の風早はまあ良かった。

ナンパの男を腕相撲で十人抜きするちづがあほでいい。
そんで龍も切ないな。
mini_CIMG1747.jpg
でも全く脈なしでもなさそう、いやないのか?
少しちづの気持ちに変化はあったかも。

そして前巻で風早が黒沼家を訪れたが、今回は逆に爽子が風早家を訪れる。
風早母は何か雑で元気な人だ。
風早父は意外にも頑固親父だった。
弟はまあこれは予想通り生意気。

それで、風早の部屋でニヤニヤタイム。
手も触れていないのにこんなにニヤニヤさせられるんだからすごい。
mini_CIMG1748.jpg
駄目じゃねーよへたれ。
そしてこれだ。
mini_CIMG1749.jpg
もうね、爽子がね、可愛すぎる。
駄目だわもう。
名前で呼び合っただけでこの赤面。
あーもう。

それから修学旅行編スタートだ。
ちょっと龍を意識し始めたちづ。
この二人も上手くいくといいな~。
そしてついにやのちんにも彼氏が。
mini_CIMG1750.jpg
正統派イケメンである。
しかしこの茂木君。
すぐにふられる予感がビンビンする。
上手くいかないんだろうなあ。
かわいそうに。
個人的にはやのちんはケントとくっついてもいい気がしてきた。
ピンはなぁ……。

mini_CIMG1751.jpg
この爽子が可愛い。

後、全編にわたってだが、やのちんやケントの、風早いじりが好き。
ほら、風早ウザいから。
胸がすく思いだ。

今巻も面白かった。
相変わらずのニヤニヤっぷりだ。
もうね、終わらなくていいよ。
ずっとニヤニヤさせて下さい。


評価:AA+


君に届け 13 (マーガレットコミックス)君に届け 13 (マーガレットコミックス)
(2011/03/11)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2011.03.11 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
君に届け 12
カテゴリ: 椎名軽穂 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学


漫画感想第十三回
椎名軽穂の『君に届け』12巻

相変わらずニヤニヤが止まらない。
これ以上続くと蛇足とか言っちゃったけど、あれ、撤回しちゃいます。
だって面白いのだからしょうがない。
このまましばらくいちゃいちゃしとけばいいじゃない。
男女交際のステップを丁寧に描くのもいいじゃない。
それでニヤニヤできるんならいいじゃない。

さて、今回は風早、黒沼家に行くの巻だ。
しかも夕飯にご招待。
爽子の両親ともご対面だ。

その前に、二人はやっと手をつなぐのだが、そこがまた甘酸っぱくてたまらん。
しかも大胆にも爽子から動くのである。
風早はチキンである。
チキン故、爽子の伸ばした手を驚いて振り払う格好になってしまうのだ。
その後ちゃんとつないだけどね。
まあ風早はチキンですねって話。

そして手をつないで歩いているところを爽子ママにフライデーされてしまうのだ。
自分から言う前に、ばれちゃったことに罪悪感を抱く爽子は真面目だな~。
私なんか付き合ってる人がいることを親に言ったことないな~。
むしろ隠してた。
なんとなくね。

それはいいとして、父には自分から電話で報告する爽子。
絶句する父(笑)
近所の池田さんからもらった魚をさばいてふるまう父。
無駄に爽やかな風早に文句付けたくても付けられない父。
父可愛い。

また、ちづとあやねの初対面の時の話も収録されている。
最初はお互い気に入らないと思っていたようで。
それでまあ色々(腕相撲とか)あって仲良くなったわけですよ。
女の友情、いいね。
長距離走早い爽子はちょっとツボッた。
勉強もできるし案外パーフェクト超人ではないか(笑)

今巻も面白かった。
読んでる時終始ニヤニヤ。
でもさすがに映画の公開が終わったら締めに入るのかな?
となるとゴールはキスだろうか。
それともまだまだ続くか。


評価:AA+


君に届け 12 (マーガレットコミックス)君に届け 12 (マーガレットコミックス)
(2010/09/24)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村



Edit / 2010.09.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
君に届け 11
カテゴリ: 椎名軽穂

爽子ちゃんが
ライバルで良かった

漫画感想第十二回。
椎名軽穂の『君に届け』11巻。

前半をくるみとやのちんが、後半を出来たてカップルが活躍する。

まず前半。
前巻でめでたく風早と付き合いことになった爽子に絡む過激派(笑)を一喝するくるみ。
自分の中のごちゃごちゃした気持も整理しきれていないだろうに、ライバルをかばうくるみは強く、そしていじらしい。
そして、そのまま踵を返したくるみを追おうとする過激派を止める貞子。

……くるみちゃんのライバルは
…私なので


mini_CIMG1665.jpg

ライバルとしてのけじめをつけるため、くるみを追う爽子。
そして、風早と付き合うことになったことを報告する。
報告だけをする。
そしてくるみが立ち去る時に言った言葉が冒頭で引用した一節だ。
mini_CIMG1671.jpg


その言葉に対して爽子は思うことはたくさんあれど、何も言うことはできなかった。

一方過激派の元には、千鶴とやのちんが。
千鶴が過激派を責めるセリフは、そのまま自分への言葉でもあった様に思う。

別にまだ好きでも悪くないよ
悪くないけど
長い片思いがえらいわけじゃないじゃん

…何もしないのって引きずるよ
自分に決着つかないもん

悔いが残るのは何もしなかったからじゃないの?
それを棚に上げて爽子に文句つけるのは違うんじゃないの?

この言葉を千鶴はどんな気持ちで言ったのだろう。
切ないな~。
そしてそこはやのちん、それ以上は言わせない。
過激派のフォローにまわり、優しい慰めの言葉で過激派を包み込む。
何と男前な立ち回り。
しかしそれだけに飽き足らず、くるみのフォローまでしっかりするやのちん。
八面六臂の大活躍だ。

風早にあんたは無理よ

あんた
アレだね
あたしが男だったら良かったのにね

そしらあんたの汚い所全部わかってやれるのに


やのちんの言うとおりだ。
風早にくるみは無理、もったいない。
爽子ももったいない。
風早うざい。
でも今巻ではウザさを感じなかった。

あと、涙を目にためながら強がるくるみがまた! いじらしい!

ピンとやのちんの絡みも良かった。
千鶴に優しいといわれて否定するやのちん。

あたしのは全部計算だからさ
……根本的にちづとか爽子とはちがうのよ


それを聞いたピンが突然男前になる。

ふぅん?
やさしいねえ


mini_CIMG1669.jpg
しかもこの二人は帰る方向が一緒だとかで今までにも絡みがあったんだよな~。
この辺が伏線になってる気がする。

そういえば、突然告る龍にもびびった。


そういえば千鶴

すきだよ


mini_CIMG1668.jpg

まあその前のピンの言葉がきっかけだったのだろうけど。
千鶴の返事もまた。

ちょ
だっ…
ビックリするわ!!
今さら!!
知ってるっての!!


千鶴も切なかったけど、龍も大概つらい恋してるんだよな~。
っていうか知ってたのか。
千鶴鈍そうだし気付いてないものと思っていた。
長所のくだりも良かったな~。
本当、龍は気が長いよ。
そして千鶴が挙げていく龍の長所がまた。


さて風早の回想はどうでもいいとして。
とうとう二人の初デートだ。
いやあ、にやにやしてしまう。
若いっていいね!
手作り弁当とか、プラネタリウムのところとかね。
そして手も繋げない風早はチキンだと思う。
かと思ったら思いっきり抱きしめたりしてる。
このムッツリめ。


さて、物語としては、語られるべきものはほとんどすべて語られて、この巻あたりで完結にするのがいいと思う。
作者もそう思ってるかもしれないが、恐らくアニメ化、映画化の影響なんだろう。
映画公開前に本編が終わってしまうのは避けたいのだろう。広告戦略的に。
終わるべき時に終わる方がいいと思う一方、いつまでも終わってほしくないと思うのもファン心理だ。
ずっといちゃいちゃしてるのも悪くないと思う。
いやでもやっぱり物語には終わるべきタイミングがあるのも事実。
それ以上続くと蛇足になってしまう。

素晴らしい物語だったからこそ、素晴らしい終わり方をしてほしいと願う。



評価:AA+
やっぱり10巻の盛り上がりと比べたら一枚落ちるか。



君に届け 11 (マーガレットコミックス)君に届け 11 (マーガレットコミックス)
(2010/06/11)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2010.06.23 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
君に届け 1~10
カテゴリ: 椎名軽穂 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

届け

届け


……届け……



漫画感想第五回。
椎名軽穂の『君に届け』
今大人気の少女マンガである。
先日最新10巻も発売され、乗りに乗っている少女マンガである。
その10巻の発売日に1~10巻まで全部大人買いしたのである。
しかもなぜかハチクロも一緒に買ったのである。
計20冊。
店員さんが笑いをかみ殺し切れていなかったのである。

恥ずかしかった。

まあそれはいいか。


『君に届け』はご存知の方も多いと思われる有名作品だ。
アニメ化もしている。
そしてもちろん面白いのだ。
全編通してニヤニヤニッヤニヤしてしまう。

簡単にあらすじを。

根暗で陰気な容姿のせいで、霊感があると思われてまわりに怖がられている主人公黒沼爽子(通称貞子)。
当然友達もいない爽子だが、みんなの人気者、風早君がきっかけで少しずつ変わっていく……。

まあ大雑把にいって、こんな感じの話だ。

何といっても爽子が健気で可愛い。
CIMG1556.jpg
可愛すぎる。
そりゃあニヤニヤもする。
しかし爽子の可愛さに今まで誰も気づかなかったとは、みんな節穴すぎる。
こんないい子がいままでずっと一人でいることが当たり前になってしまうほど孤独だったなんて……、不憫すぎる。

そして脇を固めるキャラも魅力的だ。
特に千鶴と矢野ちんが男前過ぎる。
CIMG1558.jpg
涙もろく義理堅いヤンキーと姐御だ。
いいキャラだな~。
周りの世話を焼きまくってる矢野ちんの男運が悪いのもまた……。
千鶴の不器用な恋もまた胸にくる。

そして、だ。
私の個人的一押しは、爽子のライバルとなる、くるみだ。
CIMG1561.jpg
何というか、本当に強いんだけど脆くて、強かだけどまっすぐで。
はっきりいって、いい友人に恵まれて、風早ともしっかり両思いな爽子よりはるかに健気で不憫だ。
計算づくでかわいこぶって、手段を選ばずライバルを蹴落とす、腹黒い女の子なのだが、でも無茶苦茶魅力的だ。
特にこのセリフがっ……!

「私が可愛いなんてわかって……、でも、そんなの意味ないじゃん……。風早がすきになってくれなきゃ意味がないじゃん!!」


CIMG1559.jpg
何かいろいろすごいセリフだ。
個人的に、自分が可愛いことをしっかりと自覚している子は嫌いじゃない。
しかも、卑怯な手まで使って、爽子を蹴落とそうとしたのに、最後には背中を押してしまうこの子が……不憫だっ。
幸せになってほしいな~。
でもケントなんかとくっついたら承知しない。
また、単行本にはまだ入っていない最新話でも八面六臂の大活躍をしているんだよな~。
ああ~、いい娘だ。

ちなみに、爽子の王子様、風早だが、何というか、その、ね?
ウザい。
いや、あの、癇に障るというか。
誰にでも優しくするとか、空気読めないとか、くるみを泣かせたとか(笑)、餓鬼で自己中とか。
いや、駄目だよこいつ。
こいつにはくるみも爽子ももったいない!!
ジョーとでも遊んでろ!!

まあ、風早がウザいこと以外はすばらしい作品だ。
むしろ風早のウザさも味だろう。
少女マンガと食わず嫌いをせずに、ぜひ読んでいただきたい。
極上のニヤニヤを約束する。



評価:AAA



漫画ばかりではなく、小説もたくさん読んでいるのだが、なかなか感想が書けない。
書きたいけど。
一応最近読んだもので面白かったものをタイトルだけ出しとく。

『海の中』 有川浩
『冷たい校舎の時は止まる』 辻村深月
『有限と微小のパン』『工学部・水柿助教授の日常』 森博嗣
『戦国自衛隊1549』 福井晴敏
『しゃばけ』『ぬしさまへ』 畠中恵

こんなとこか。
漫画もいろいろ読んだ。
ハチクロも感想書きたいな。

私も久しぶりの記事だが、リンク先のブログさんも軒並み更新をしていないようでちょっとさびしい。
まあぼちぼち書いていこう。



君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))
(2006/05/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る

君に届け 4 (マーガレットコミックス)君に届け 4 (マーガレットコミックス)
(2007/05/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る

4巻の表紙がお気に入り。


Edit / 2010.01.17 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。