スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
戦国妖狐 7
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

おれは人間になる


漫画感想第二十一回
水上悟志の『戦国妖狐』第7巻

前巻で千本妖狐と化し、行方知れずになった迅火から主人公交代。
第二部の主人公は千魔混沌の魔神の卵、千夜である。
少し意外。

前巻のラストからどう繋がったのかは不明だが、千夜は目覚めた時、記憶を失っていた。
そして真介と共に、闇と人が共に暮らす村で世話になっていた。
登場した新ヒロイン、月湖の言によると、千夜と真介は空から降ってきたらしい。
そして千夜が目覚めた夜、闇の盗賊団、百鬼夜行が村の子供たちをさらう。
そこに颯爽とと助けに現れた真介だが、酔っぱらっていて使い物にならない。

おれは子供が子供のままで居られるように
子供が戦わなくてもいいように来たんだ!!

そして真介の言葉で千夜は気付く。

なるほど
つまり
おれには戦う力がある

そして圧倒的な力で、百鬼夜行を蹴散らす。
ここら辺のくだりは熱くて好きだ。
百体(多分)の百鬼夜行とその身に千体の闇を宿す千夜。

確かに多勢に無勢!!
百対千だからな
千夜!! 我らの王よ!!

こういうの好きだ。
そして必殺技である。
mini_CIMG1767.jpg
うん、熱いな。

そして翌日、村を正気を失った土地神、狂い神が襲う。
狂い神の目的は千怪の宝玉、つまりは千夜のようだ。
しかも、彼が正気を失ったのは、例の五人組のせいらしい。
つまりは、五人組が千夜を狙っている?
この辺はまだ謎である。
その狂い神との闘いの最中、千夜は吹き飛ばされた拍子に月湖の父親に接触。
月湖の父親は命を落とす。
その後千鬼夜行の連発で狂い神を倒した千夜だが、一発目の弾かれた千鬼夜行の矢で村はボロボロになってしまう。

そして、これ以上村に居たら、また同じようなことが起こると感じた真介と千夜は村を出て旅立つ。
ところが村を出た途端……。
mini_CIMG1768.jpg
こうして月湖が強引に旅についてくることとなった。
その夜、千夜は自分の中の千体の闇に対して、もう戦わないことを宣言する。
そして、謎のマスコット的な闇、なうが旅に同行することとなる。
その後、再登場した八本松剣鬼に襲われたりはするが、荒吹を使いこなせるようになった真介の敵ではなく、平穏な道中が少しだけ続く。
真介とは会わなかったが、たまも少しだけ姿を見せる。
また、千夜は真介と月湖の前で改めて、もう戦わないこと、人間になりたいということを宣言する。
この辺はあれか、妖怪人間ベムに対するオマージュか。
千夜はまさに妖怪人間だし。
だが千夜の中の千体は否定的だった。

なれるわけがない
酒を
米と水に分けられぬように


穏やかな道中は長く続かない。
京都へ旅を続ける一同の前に突然現れた黒龍ムド。
mini_CIMG1769.jpg
やはり龍というのは闇の中でも別格のようで、圧倒的な力を見せつける。
さて、ムドの力はどの程度のものなのだろうか。
千夜が本気で戦えば勝負になる程度なのか。
まさか神雲より強いということはないだろうが。
というか土地神をも倒した千夜より強いのか。
あの狂い神がどの程度の強さだったのかは分からないが、神というくらいである。
それなり以上の強さだったはずだろう。
それと、ムドは龍そのものなのか、霊力改造人間なのか。
多分前者っぽい。
どちらにせよ、千夜は戦う気はないし、中の千体も、龍に怯えて力を使えない。
千体が過剰に龍に怯えるのは、神雲の力をよく知っているからか。
戦わない千夜の代わりに飛び出した月湖が、実は水の土地神だったなうと共に善戦する。
mini_CIMG1770.jpg
ムドに刃を突き立てるが、傷一つ負わす事もできず、月湖はムドにさらわれて7巻は幕である。

ヒロインがいて、ライバルがいて、人間になるという目標もある。
なるほど、作者の言うとおり、少年漫画らしい構成となっている。
そして相変わらず展開が早くていい。
新章に突入したのにのんびりしない。
中だるみ一切なし。
スピード感がある。
そして非常に続きが気になる引きだ。
最後にたまらしき人物も出てきたし。


評価:AA+


戦国妖狐(7) (ブレイドコミックス)戦国妖狐(7) (ブレイドコミックス)
(2011/08/10)
水上 悟志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2011.10.04 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
戦国妖狐 6
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

もう人の身に戻れなくとも
おれがずっと傍らに居る


漫画感想第十九回
水上悟志の『戦国妖狐』第6巻

第一部完である。
まずバリーと真介の戦いに決着がつく。
ここにきて荒吹の人格に変化が訪れる。
血を欲するだけの人格だったのが何か悟ったようになる。

世俗など乱世も太平も
天の下には斉しく只地


後の迅火の言によれば荒吹は闇となったらしい。
さあ、決着だ。

天地割り!!!


mini_CIMG1754.jpg
凡人真介の唯一の特技。
格好いい。
その後真介との殴り合いの末、体を形どる霊力を失ったバリーは力尽きる。

そして、道錬の敗北を知った野禅は泰山を動かすことにする。
これがその泰山の完全状態とそれを張り倒すためにやってきた山の神のお山だ。
mini_CIMG1756.jpg
スケールがでかい(笑)
左下の迅火たちがちっちゃい。

そして山の木々をミサイルのように打ちだす。
mini_CIMG1757.jpg
もう目茶苦茶だ。
だがそれが面白い。

りんずが伸びた泰山の上にいることによって追撃ができなくなった山の神。
これによって膠着状態が生まれ、七尾の迅火と九尾の野禅の戦いが始まる。
当然九尾の野禅の方が力は強く、苦戦する迅火。
その実力差を埋めるため迅火は驚くべき手段に出る。
mini_CIMG1758.jpg
泰山の肉ごと霊力を喰らい、光の尾、天上と闇の尾、奈落を生やした迅火はついに九尾となる。
mini_CIMG1760.jpg
しかしその代償として迅火は正気と狂気の狭間に立つことになる。
そしてそれを野禅へ利用される。
幻術でたまを自らの手で殺した様を見せられた迅火は狂気へと落ちる。
だが、野禅の隙を突き、真介が一太刀浴びせることに成功する。
mini_CIMG1761.jpg

一方迅火の霊力の上昇はとどまるところを知らなかった。
変化が急すぎたのと、正気を失ったのとで土地の精気を喰らうスピードに歯止めが利かなくなっているのだ。
そして迅火は九尾をはるかに超える神獣、神話殺しの千本妖狐へと変貌を遂げる。
mini_CIMG1763.jpg

可哀想に
もう彼らの旅に
一件落着やめでたしめでたしはない


またたまも、迅火の霊力が逆流し強い霊力を得る。
それで迅火の元に向かうが、たまの言葉も届かない。
迅火の正気の部分の必死の叫びでたまを殺すのは避けた。
そして――

覚えているか?
ここに来る前言ったこと
闇になれたら夫婦になろうと
嬉しかった
いいぞ
約束通り夫婦になろう



しかし、りんずの魂寄せでたまは迅火と引き離される。
そしてその後謎の五人組がした何かによって、迅火は姿をくらませる。
たまは行方の分からない迅火を探して一人旅へ出る。

迅火はいずれすべてを滅す危険な存在になった。
正気に戻すにせよ倒すにせよ、あの五人組を含めてまともに対峙できるものが必要となる。
そしてそれに一番近いのは千魔混沌の魔神の卵、千夜だと山の神は言う。
ここで第一部完となる。

いやあ、何がいいって展開が早いのがいい。
変な引き延ばしがなく、一ページの濃さがすごい。
水上作品の特徴か。
ともすれば唐突な展開に感じてしまうかもしてないがそうはさせていない。
さすが『惑星のさみだれ』を見事完結させた手腕だ。
そして主人公がラスボス。
熱い。
さみだれはヒロインがラスボスだったな。
作者はこういう展開が好きなのだろうか。
私は好きだ。

ところで、千本妖狐と化した迅火はもう山の神でもどうにもできないレベルまで達してしまったのだろうか。
それとも山の神は自らが関わるつもりはないということだろうか。
どっちだろう。

迅火とたまの出会いを描いた読み切りも収録されている。
にしても、四尾の妖狐なのに、やっぱ戦う力はないんだな。
くずのははどうなんだろう。
作者のいう矛盾とは迅火が山戸家の息子であるということを知らなかった辺りのくだりだろうか。
多分そうだろう。


評価:AA+


戦国妖狐(6) (ブレイドコミックス)戦国妖狐(6) (ブレイドコミックス)
(2011/03/10)
水上悟志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2011.03.21 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
惑星のさみだれ 10 ――全部 きみのためにある――
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ぼくもこの惑星も
全部きみのためにある


漫画感想第十七回。
『惑星のさみだれ』第10巻
惑星をめぐる物語、堂々完結。
ネタバレ全開なのでご注意を。

とうとう終わってしまった。
でも、これ以上の完結はない。
そう思わせてくれる最終巻だった。

前巻でとうとうアニムスを倒した獣の騎士団。
ここにきて明らかになる衝撃の事実。
師匠こと秋谷稲近はアニムスが転生した人物だったのだ。
そうなるとあの台詞の重みも断然違ってくる。

私達は人間だ
…人間なのだよ

これは本人からの言葉だったのだ。
いやー、これにはびっくりだった。

そして本当の最終決戦が始まる。

はい獣の騎士団の皆
ちゅうもーく


mini_CIMG1727.jpg
惑星を砕くもの、魔王さみだれ。
そしてさみだれを止めようとした幻獣の騎士二人の前に立ちふさがる魔王の騎士夕日。
mini_CIMG1728.jpg
三日月はアニムス戦のダメージで立ち上がれない。
幻獣の騎士にハナコを加え、三対一となるが、夕日の掌握領域、天の庭<バビロン>の前に屈する三人。
白道さんなんか、きんちゃく袋にされていた。
イジメかっこ悪い。

しかし、祖父を許し、世界を愛せるようになった夕日が本当にまだ地球の破壊を望んでいるのだろうか。
答えはもちろん、否だ。
mini_CIMG1729.jpg
そしてそのことをさみだれもわかっていた。

知っとったよゆーくん
こうなるって
だって
ゆーくんはずっと
あたしのヒーローやったから

さみだれの内面が描かれるのは多分これが初めてだ。
太郎の死に涙を流せるさみだれが、本当に地球の破壊を望んでいるのか。
その疑問にも答えが出る。
本当は皆といきたかったのだ。
mini_CIMG1731.jpg

止まれ時間
止まれ!
止まって!! お願い!!
知ってたのに
知ってたのに何で今更 あたし

しかしいちいちさみだれの表情が切ない。
mini_CIMG1730.jpg



力を求め、方天戟を手にした夕日。
すると……。

超能力は適当でデタラメ
望み確信すれば
運命は答える


mini_CIMG1732.jpg
こうして黒龍の騎士の力を得た夕日は改めてさみだれを止めるべく戦う。

刹那の生を実感することが全てだった子供の頃のさみだれ。
しかし、さみだれは、幸福を知ってしまった。
世界を愛すだけでなく、世界も自分を愛してくれることを知った。
はじめて流れる日々を惜しむようになり、病の存在を思い出すことが増えた。
行けども引けども無。
mini_CIMG1733.jpg
もうさみだれには自分を止めることができなかった。
だから夕日が、止めなくてはならないのだ。
だが、天の庭も通じず、黒龍の力をもってしてもさみだれを止めることができなかった。
彼女は強くなりすぎたのだ。

夕日でも自分を止められないことを悟ったさみだれは空に昇る。
掌握領域を使い、必死に跳び上がる夕日だがさみだれには届かない。
その時、獣の騎士団全員の掌握領域が夕日をさらなる高みへ、さみだれの元へと押し上げる。
はっきり言ってここまで全てのシーンが熱くてたまらないのだが、その中でもこの辺りの熱さはもう異常だ。

時は止まらない
意思も変えられない
だから 全て 今日
終わらせる!!

君が好きだ
君を背負いたい
意思は変わらない
あの時から
ぼくが


mini_CIMG1734.jpg
そしてさみだれは夕日の手をとった。

ゆーくんあたし
ゆーくんが好き
この地球より
好き…


降りてきたさみだれを迎えるみんなの顔がまたいい。
mini_CIMG1735.jpg
そして…
mini_CIMG1736.jpg
避けられぬ別離が近づいてくる。
それぞれの相棒に別れを告げる面々。
中でも南雲とダンスの別れの場面が渋くていい。
多くは語らず、だ。
しかし、ノイとムーだけ相棒の元から離れない。
そう、本当のラストバトルは、夕日対三日月のライバル同士の決闘だったのだ。
今さらながら、頭の傷が二人に左右対称についていたりして、細かいところまでこだわりを感じる。
そして地味にムーが神鳥<フレスベルグ>になってるし。
夕日がフェイントに弱いってのも伏線だったんだなと改めて思う。
そして戦いの中でノイとムーもいってしまう。
mini_CIMG1738.jpg
アニマとさみだれの別れもいい。

…未来は…
未来は決まっていない
お前が決めろ

できる…かな


mini_CIMG1737.jpg

そして、時間軸は一気に十年後に飛ぶ。
物語はとうとうエピローグだ。
獣の騎士団のそれぞれの十年後が明らかになる。
ここまできっちり描いてくれる漫画はそうない。
読者としては非常にありがたい。
中でもあの人とあの人がくっついたのが意外すぎた。
これに関しては全く伏線がなかったはずだ。
そして肝心のさみだれだ。
さみだれは八年の闘病生活の後、彼女の母親による最後の手術を受けた。
それは見事成功した訳だが、その際の夫妻のやり取りがいい。
mini_CIMG1739.jpg
これはこの作品のテーマの一つだろう。
そして二年間のフランスでの療養の後今に至る。
mini_CIMG1740.jpg
相変わらずのようだ。

惑星を砕く物語は終わっても、彼らの人生は続いていく。
そういう希望に満ちあふれたラストだった。
素晴らしい、完璧なまでのハッピーエンド。
三巻あたりから盛り上がり始め、六巻でピークを迎えたこの物語はそのままピークをラストまで維持し続けた。
中だるみも引き延ばしもない、終わるべき時に終わったまさに大傑作だ。
ただ、裏表紙の新感覚ご近所ストーリーというのだけはいただけない。
全然違うではないか(笑)

本当に面白い作品だった。
これだけの作品はそうそうない。
出会えてよかったと素直に思う。



評価:AAA


惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
(2010/11/30)
水上 悟志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

Edit / 2010.12.04 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
戦国妖狐5
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

無茶したな
だが届いたよ
君の面白さ

漫画感想第十六回
水上悟志の『戦国妖狐5』

前巻のラストで神雲に挑むと言い放ったたま。
その狙いは山の神を戦闘に巻き込むことだった。
そして神雲との戦闘が始まる。
mini_CIMG1721.jpg
精霊転化できずに始まった戦いだが、神雲の隙をついて精霊転化することができる。
その尾の数は四本から五本へと増えていた。
mini_CIMG1719.jpg
これがたまの修業の成果だ。

なに
思考と瞑想で気を練っただけだ
主観時間で10年程な

精神と時の部屋は一年と決まっているが、山の神さまに限界はないのだ。
そして迅火は上手く神雲の不意を突き木火土金水最大奥義、五行魂を放つ。
mini_CIMG1722.jpg
しかしそれも神雲のとっさの一撃で両者左腕を失う相討ちとなる。
とっさの一撃が最大奥義と互角、それが今の両名の実力差だ。
死を前にして迅火は六本目の雷の尾を顕現させる。
迅火の将来性に危惧を抱いた神雲は奥義を放つ。
そこで山の神が割って入る。
だがしかし、

神の利用料は高価いけどね


神雲の奥義を止めた山の神の力は
mini_CIMG1723.jpg
フリーザか(笑)
しかもこれは本体ではないのだ。
フリーザで言えばまだ変身を残している状態だ。
圧倒的な力で神雲を追い詰める山の神だが、千夜の介入で、とどめは刺さず、千夜と共に封印した。

そして、神の使用料だがそれはたまか、迅火の魂だった。
旅の終わりはどちらかの死を意味する。
迅火は意識を失っていて聞いていなかったようだ。

とうとう断怪衆の本部へ再び乗り込む時がきた。
迅火を待ちうけるは武芸においては断怪衆最強を誇る道錬。
一度戦った虎の男だ。
だがあの時道錬は本気ではなかった。
攻撃を当てることのできない迅火。
しかし、山の神の治療を受けた左手から霊力の腕が現れ、カウンターの一撃を決める。
すると道錬も時と空間を揺らし百の拳を同時に顕現させる、千尋拳を見せる。
それを喰らい朦朧とする迅火だが、霊力の左手で頭に触るとずぶりと中に入ってしまう。
そのまま「中身」をいじることで七本目の風の尾を顕現させる。
そして風と雷の尾で道を作り、五行魂を放つ、その刹那
mini_CIMG1724.jpg
二人の間を「何か」が通った。
ここに来て第三勢力か。
話ががぜん盛り上がる。
今までの登場キャラで思い当たるやつらはいないし、新キャラで間違いないだろう。
刹那とはいえ気を取られた両者。
割りを喰ったのは攻撃をよけようとしていた道錬だった。
五行魂の直撃。
これで決着か。

一方、別の場所でバリーと戦う真介。
バリーはなんかラスボスみたいな体になっていた。
mini_CIMG1726.jpg
この両者の戦いは次巻で詳しく描かれるだろう。

気になるのは迅火の尾が増えたらたまも強くなるのかということだ。
今たまは五尾なのか七尾なのか
そもそもたまは戦う力を持っているのか。

そしてなんといっても突然現れた謎の集団だ。
どうやらまだ物語は中盤のようだ。
龍も倒していないのだから当然か。
長期間の封印になるようだし。
まだまだ楽しめそうだ



評価:AA+


戦国妖狐(5) (ブレイドコミックス)戦国妖狐(5) (ブレイドコミックス)
(2010/11/10)
水上悟志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

Edit / 2010.11.19 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
戦国妖狐3~4
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ありがとうございました
ごめんなさい

愛してるす

漫画感想第十五回
水上悟志の『戦国妖狐3~4』

前巻で龍の男神雲の強さを見せつけられた一同は、その神雲を倒すため、断怪衆の霊力改造人間の研究を潰すため旅に出た。
妹の始末をつけるため将軍の元へ向かった雷蔵から、魔剣・荒吹を預かった真介。
しかし真介では荒吹を使いこなすことはできない。
荒吹を狙う闇<かたわら>も、剣を少しだけ抜刀しその風の力で体当たりして倒すことくらいしか現時点ではできない。

まずは蒼岩のかけらを故郷に帰すため旅を続ける一同。
その前に外界から結界で隔絶された村が現れる。
たまが中に入り、術者を説得している間に外では外人っぽい(実際外人だが)断怪衆の刺客、四獣将、列深が現れる。
迅火が精霊転化抜きで戦い苦戦している間に、弾は術者のふこうを説得し、結界を解く。
精霊転化した迅火の土公拳で列深は吹き飛ばされる。

たまたま会った四人目の四獣将、道錬と猩々の酒の飲み比べをしたりしながら旅は続く。
そしてやっと河岸の故郷岩の里へとたどり着く。
そこに、一人旅の妊婦おこうが通りすがり、岩の里で休んでいくこととなる。

一向に荒吹を扱えるようにならない真介に、灼岩の中の火岩がアドバイスをする。
その後のやり取りはニヤニヤものだ。
それなのに……。

おこうに陣痛がおとずれたころ、とうとう岩の里に道錬と列深が現れる。
道錬と迅火は拳でのどつき合いを繰り広げる。
mini_CIMG1706.jpg
これが無駄に熱い。
mini_CIMG1707.jpg
そしてその間に列深は大岩に呪符をはり、おこうのいる家へ向け転がす。
mini_CIMG1708.jpg
それを体を張って止める灼岩。
剣で刺し突かれても灼岩は岩を止め続ける。
そして、おこうと、生まれてくる新しい命を救うため、灼岩は自らの体を岩へと変じて大岩を止める。

ようこそ世界へ
しっかりがんばるすよ

生まれてきた子供は双子。
名は芍薬と火岩。
灼岩……。
3巻はここまで。

灼岩を失った一行が立ち寄った村を守る守護者、かごもりは四年に一人のいけにえを要求していた。
それを知った真介はかごもりを切るべく動く。
だがかごもりはすでに列深にやられていた。
追いつめられる真介だが、魔剣の誘惑をも退け、とうとう荒吹を使いこなすことに成功する。
mini_CIMG1709.jpg
ここら辺はかなり熱い。
へたれ侍だった真介がとうとう戦力となった瞬間だ。
しかし、荒吹を弾き飛ばされた真介だが、ひるまずに拳で列深を滅多打ちにする。
とそこに、とどめを刺しきれていなかったらしいかごもりが列深を襲う。
かごもりは力を使い果たし、事尽きるが、列深は気を失っただけだ。
とどめを刺そうとするも脳裏をよぎる灼岩の声にためらう真介。
その間に列深は撤退する。お互いの真名を名乗りあって。
mini_CIMG1710.jpg
その後村を発った一行の前に現れた大天狗と山の神。
山の神は断怪衆につかまり洗脳された泰山の目を覚まさせたいと言う。
また、たまの母親である、妖狐くずのはがこの件にかかわっていることを明かす。
一方龍の足止めとして残った大天狗二体は千夜によって一蹴されるが、その実態は無数の烏天狗の集合体で、神雲たちに迷いの呪をかけて逃げた。
さらに山の神は迅火の師匠黒月斎のことも語る。
そして一晩で三人を鍛えなおすという。
mini_CIMG1711.jpg
まあ、精神と時の部屋みたいなシステムのアレだ。
そこで真介は荒吹の飛行能力を使い修行を一番に終了させる。
そして外に出た真介はまっすぐ飛べずに墜落して、千夜とこんなことになる。
mini_CIMG1712.jpg
しかしおもちゃを眺める千夜は本当にただの子供のようだ。
そしてこの億に一つの偶然を真介は見逃す。

いずれ龍より恐ろしい存在になる可能性を感じる
千魔混沌の魔神の器だ

だが
今のこいつはただの人の子だ
ただのガキじゃねえか…!!


しかし千夜は真介を殺さずに去る。
千夜ラスボスかな~。それはないか。

迅火はりんずを相手にしながら妖精眼の真実を知る。
妖精眼も散人左道であったな。
それはそれとして、迅火は自分が不幸ではなかったことを識る。
mini_CIMG1713.jpg
そして妖精眼の封印は解放された。
その目に見えたものは……。

人も闇も
同じ存在…



たまは湖を歩いて渡る修行だった。
そこでたまは何かを考える。
そして修行を終えて出てきた結論が
mini_CIMG1717.jpg
続きが気になる引きだ。
たまの言葉の真意とは。



評価:AA+


戦国妖狐(3) (BLADE COMICS)戦国妖狐(3) (BLADE COMICS)
(2009/11/10)
水上 悟志

商品詳細を見る
戦国妖狐(4) (BLADE COMICS)戦国妖狐(4) (BLADE COMICS)
(2010/04/10)
水上悟志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

Edit / 2010.11.03 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。