スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

『劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ』

レンタルされるまで待とうかとも思ったのだが、ネタバレをうっかり見てしまうのが怖くて映画館まで足を運んだ。
本編エンディング後で、完全新作シナリオで、シリアスだという。
正直結構期待していた。

序盤はコメディ調で進む。
酔っぱらった助手がオカリンに絡む所などは正直ちょっとあざといなと思った。
さあ萌えろ、ほら萌えろと言わんばかりの製作者の意図が感じられてなんだかなあと。
そこからだんだんシリアスに移行していく訳だが、まあ先に私の結論を言ってしまうと、これは蛇足だなということである。
いやだってさ、あれだけオカリンが苦労してやっとの思いで辿り着いたシュタインズゲート世界線の未来があんなんだなんてあんまりだろ。
製作陣はオカリンに何か恨みでもあるのか。
あと突込みどころも多いしな。
ちゃちゃっとタイムリープマシンを作っちゃう助手とか、過去を変えたら現在がシュタインズゲート世界線からずれてしまうのではないかとか、鈴羽を無理やり登場させた感とか、世界は一つであるはずなのにオカリンだけ別世界線に行ってしまっていることとか。
っていうか設定が色々破綻してないか?

やっぱりあれだけ綺麗に終わった作品の続編を作ろうとする行為そのものが失敗だったのではないか。
綺麗に終わったままにしとけばいいものを。
だがネットではおおむね好評のようである。

あと、かなり気になったのが、オカリンが助手やまゆりに、自らが経験した世界線漂流のことを話しているということである。
いや~、オカリンの性格から考えて話さないだろ。
何年かした後でとかならまだしも、まだ一年しかたっていないのである。

あと、中学生のオカリンの唇を奪う助手は完全に痴女だなあと思いました。

まあ、私としては蛇足としか思えなかった。


評価:D


STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)
(2013/04/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2013.05.12 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ二十二話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

最終回である。
二十二話構成だったのか。
二十四話くらいはあると思ってた。
そりゃあ巻く訳だ。

しかし結構カットされてたな~。
海翔はアキちゃんのこと呼び捨てにしないし、KAMINAGIもちょっとしかでないし、色々不満は残る
まあエピローグはいいかな

やっぱり原作の方がいいね
アニメは何と言っても尺不足の一言に尽きる


評価:B


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る





Edit / 2013.03.24 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ二十一話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

いや~、とうとうキスシーン来たね。
ちょっとあっさりしてたけど、まあ良かった。
その後の円陣につなげるのはちょい強引だったけど。
って言うか昴、アキちゃん好きだったのかよ(笑)
淳和なら余ってますけど?
アキちゃんも自分でいいの? の時、淳和の名前だけ出さなかったし。
敵じゃないってことか。

さて、いよいよプロローグと繋がって最終決戦だ。
ここで思ったのだが、NIVでスローモーが発生するのって都合がいいなと思っていたけど、よく考えたらこれは必然だな。
スローモーはあねもね号事件の後遺症なわけで、そしてあねもね号事件とはNIVの実験に他ならないわけで。
となればNIVに海翔が反応してスローモーの発作が起きるのもおかしくはないかと。
まあその理屈で行くと、お台場ではカイアキそろって発作を起こしてなきゃおかしいんだけど。

さあ盛り上がってまいりました。
このままラストまで突っ走るんだろうけど、ラストはどう処理するんだろう。
アニメでもエピローグなしかな?
でも原作でなかったものを足されるのも釈然としない。
どうなるのか。


評価:A


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.15 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ十五話、十六話、十七話、十八話、十九話、二十話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

アイリルートは一話に詰め込んできたか。
愛理の両親の話とか、バックボーン全カット。
まあメインヒロインが控えてるしね。

そしてそのメインヒロインあき穂ルートにようやく突入。
相変わらず早足ではあるけど、今までカットしまくった分だけあって最低限の尺はとれているよう。
やっとテンション上がってきた。
いやあアキちゃんがヒロインしてるね。
綯無双もあっさりではあったが描かれていたし満足。
ただ、澤田がダルとタクのことについて言及しなかったことと、海翔の父親のとこ全カットなのはなぁ。
海翔の父親はいい味出していて好きだったのに。
そのせいで胴体着陸もなんか緊迫感ない。
全員昴を置いて逃げたのはちょっと笑ったけど。
他の奴はともかく綯は助ける余裕くらいあったろうに。

さて、次回はとうとうキスシーン来るかね。
この作品の最大の見せ場と言っていいと思う。
どう描いてくるかねぇ。

そう言えばロボノはネットではボロカスに叩かれてるみたいだけど、原作もアニメも私は好きですよ。
そりゃあ穴はいっぱいあるけどさ。
でもそれ以上にいいとこもあるよ。


評価:A


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.10 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ十一話、十二話、十三話、十四話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

綯ルートは完全カットか。
まあしょうがないといえばしょうがないのか。
尺が全然足りないのだろう。
一番本筋と関係ない所だし。
でも少し残念。

淳和ルートはまあこんなもんでしょ。
全カットでもよかったけど

そしてここからがようやく本番、こなちゃんルートは二話使われている。
やっと面白くなってきた。
東京で暴走するロボットのデザインが昭和チックで違和感。
十年後だしもっと洗練されてるだろ。
しかしやはりこなちゃんあざとい。
だが、スローモー二連発と、最後のこなちゃんの台詞カットは惜しかったな。
好きなシーンだったのだが。

次はアイリか。
これも二話使うかな?

余談だが、今シュタゲを再プレイしている。
通しでやるのは三回目か。
何度やっても面白いな。
そう言えばシュタゲの新作が出るらしい。
楽しみ。
劇場版もあるらしいし。
見に行こうかな。


評価:B+


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.02.02 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。