スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
殺戮にいたる病
カテゴリ: 我孫子武丸 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第五十九回。
我孫子武丸の『殺戮にいたる病』

これは、本当にもう、「やられた」としか言えない。
いや、知ってはいたのだ。
この作品がどういった性質のものであるかは。
でもやられた。
どこに罠を張っている? 何で騙そうとしている?
と、かなり穿った読み方をしたにもかかわらず、真相は思いもしない場所から現れた。
もう完璧にぐうの音も出ないほどにやられた。
決定的な文章まで本当に全く考えもしなかった。
いや、ほんと、やられた。

ちなみにかなり猟奇的な描写の多い作品だが、なぜかあまり「コな」かった。
何故だろう?
思うに、それは全て死んだ後に行われたからだ。
そして、犯行は常に犯人である蒲生稔(あ、ちなみに犯人の名前は全くネタばれではない)の視点で描かれ、殺される側の心理描写が少ないからだろう。
これがもしまだ生きているときに行われたことだったら、それが被害者側から描かれていたら…うん、きついわ。

死にいたる病=「絶望」なら、殺戮にいたる病=「??」
普通に考えれば「マザーコンプレックス」なんだろうけど。
それはちょっとストレートすぎるかな。
もっとしっくりくるのはないだろうか。
というか作者はどんな言葉を当てているんだろうか?

なにはともあれ、凄かった。
是非、騙されて下さい。



評価:AA+



殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11)
我孫子 武丸

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Edit / 2009.06.24 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。