スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
at Home
カテゴリ: 本多孝好 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「日曜日くらいゆっくりするものです」


第二百十九回
本多孝好の『at Home』

家族をテーマに描かれた短編集。
本多孝好は短編の方が光ると思っている私としては、お待ちかねの一作であった。

「at Home」
父さんは泥棒、母さんは結婚詐欺師、そして僕はパスポート偽造屋で働いている。
ある日、母さんがターゲットにした男に誘拐される。
僕たちは「家族」を守るために偽札を抱えて指定された場所へ向かう。

表題作。
主人公は本多孝好らしい、一人称僕のとぼけた男である。
本多孝好の小説の登場人物は違法行為に対してのハードルが低い。
だからと行って根っからの悪人だという訳ではない。
むしろ善人寄りだと言っていいだろう。
この犯罪者家族という設定は、だから、なかなか「らしい」ものである。

完成度が高い一作、だとも言えるし、小さく纏まっている、とも言える。
少し物足りなさがあるのは否めない。

「日曜日のヤドカリ」
妻の連れ子である弥生さんが同級生を殴ったらしい。
俺の家を訪れた、殴られた男の子とその父親をあしらったあと、今度は自らの父親の行方を探す男の子が俺の家を訪れた。

弥生さんがいいキャラをしている。
少ない情報から推論を立て、そして母親の浮気という結論にたどり着くと、それを疑わない。
いや、疑わなかった訳ではないだろう。
ただ、ありえると、そう思ったのだ。
クールである。
しかし、それは脆さでもある。
弥生さんは知っている。
家族が、簡単に壊れることを。
今目の前にあるものが、当り前ではないということを。

これが今回の短編集の中では一番好きかな。
軽さと重さのバランスがいい。
このくらいが本多孝好らしい。
他の三篇は少し、重い。

「リバイバル」
借金を帳消しにする代わりに、見ず知らずの女と籍を入れて一年間暮らすことになった私。
妊娠している女に、次第に情が移っていったが、それが男女のものではないことを私は分かっていた。

これはまた最初から最後まで重い話である。
それもまた好きなのだが、個人的に本多孝好に求めるものではない。
だがやはり完成度は高い。

「共犯者たち」
妹の子供を一日預かった僕。
風呂に入れようとした時、甥っ子の体に、異常な痣を見つける。

本多孝好の兄妹が好きである。
「祈灯」の兄弟とか。
今回、兄である僕は妹を信じてやることができなかったけど。
それでもやっぱり二人の関係というものが好ましく映るのだ。
終盤の二人のやり取りがいい。
でもやっぱちょっと重いな。


テーマは「家族」
だが、それは必ずしも血の繋がった家族ではない。
いや、だからこそより強くそのテーマが浮かび上がるのか。
家族とは、覚悟がなくてもなってしまえるものだ。
でも家族で居続けることはそれほど簡単なことではないのだ。


評価:A+


at Home (角川文庫)at Home (角川文庫)
(2013/06/21)
本多 孝好

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.07.14 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。